ロサンゼルスの路上駐車と駐車禁止のルール
06-18-17
ロサンゼルスの路上駐車と駐車禁...

ロサンゼルスの路上駐車と駐車禁...

ロサンゼルスの路上駐車と駐車禁...

この前、Cityから家の前が舗装されるという通知が来て、車を朝6時~夜6時まで
車を移動させる必要がありました。

いつもは車がたくさん停まっていますが、その日の朝は路上に車ゼロ。
1つ目が朝の写真。なんだか人っ子一人いなくなったような不思議な感じでした。
(地球上から人が消えたSF映画の中にいる気分…)
2つ目は舗装後の写真。道路が綺麗になりました。
3つ目は、通常の週末の写真。また車がずらりに戻りました。

このように、ロサンゼルスでは路上駐車ができます。
日本では最近は路上駐車ができるところはもうほとんどないようなので、
日本の方からは「へぇーそうなの?」と言われることも結構あります。

こちらは車社会なので、1人1台車を持つという場合がほとんど。
なので、家やアパートの敷地に車が駐車し切れないということもあります。

そんな時は、路上に駐車しますが、それがOKかどうかは、道の縁石の色によります。

縁石に何も色が付いていないところは駐車OK。
赤色は駐車禁止。
緑色は短期間駐車OK。
などです。

これ以外に道路標識に、曜日と時間帯によっては禁止とか、市街地の住宅街では
パミットを取っている車(住民の方が申請してもらえる許可)以外は完全駐車禁止、
というエリアもあります。

特にSanta Monicaは、多くのエリアが要パミットになってきているので、
道路標識を良くチェックする必要があります。
(夜に見えづらくて停めて、チケットをもらったことがあります)
あと、ウエストサイドのSawtelleの近くの住宅街も夜6時以降については
パミット車のみという道路が増えてきているので、注意が必要です。

昔、Redondo Beachに住んでいましたが、私のストリートは毎週金曜の
午前10時~12時は駐車禁止。
この時間帯に清掃車が道路をクリーニングするからです。
今の家の前面道路は、清掃は各自のため、定番の駐車禁止時間帯はありません。

こういう駐車禁止時間があると、気を付けているつもりでも「はっ」と
気付いた時は時間が過ぎていてことも…。
きっちり駐車禁止のチケットがワイパーに挟んでありました。
罰金は当時で$45だったと思います。結構高いですよね。

これからもチケットもらわないよう、気を付けていきます。


-----------------------------------------------------------------------
H2N / Hiroko Nishikawa Naumann(西川ノーマン裕子)
RE/MAX Estate Properties所属
アメリカ・ロサンゼルスの不動産の購入・売却・リースと、渡米・移住、アメリカから日本への帰国をサポートします。
RE/MAX Estate Propertiesはカリフォルニア最大の全米大手不動産会社RE/MAXのフランチャイジーです。
H2Nが持つ日米の不動産ネットワークを駆使して、心を込めてお手伝いいたします。
http://www.h2nusa.com/
Email: info@h2nusa.com
直通電話: 310-951-8233


戻る